プロフ画像にはこだわって

LINEで相手とうまくコミュニケーションをとるコツのひとつに、プロフィール画像があります。プロフ画像はLINEでいうところの「外見」に当たるものです。プロフ画像はその人の印象を決めてしまうものですし、プロフ画像を参考に話す相手を探している人もとても多いのです。ですから、プロフ画像にはこだわってみたほうがいいでしょう。
では、どんな画像がプロフ画像として好まれるのでしょうか。まずは自分の顔写真を使うなら、人懐こい笑顔やみんなに好かれるキメ顔などがいいです。でも、これはあくまでも爽やかなものでないといけません。証明写真のようなかしこまったものやひきつった無理な笑顔などは、印象が悪くなる可能性があります。うまく撮れないなと感じるときは、顔写真は使わないほうがいいかもしれません。
それから、アバターなどの自画像のアイコンです。自分の特徴をうまく表したものを使うことができれば、まず失敗はないはずです。
無難なのは、ペットや動物の写真ですね。ただ、これを使う人は男女問わずとても数が多いのです。ペットや動物の写真で印象付けようとすると、かなり難しくなってきます。ただ、インパクトのあるものやセンスのある写真が使えると、効果は絶大です。
その他、自分で作ったイメージ画像や心に残った風景写真など、自分のこだわりをアピールできるものができればそれも素敵だと思います。
プロフ画像は「LINE上の外見」であることを意識して、こだわりのプロフ画像を使ってみてください。

Copyright(c) 2010 オススメのラインID交換掲示板~wooderman~ All Rights Reserved.