ブロックされたかどうかを確認する方法

LINEで新しく友達を作る際に知っておいたほうがよいことがあります。それは、ブロック機能についてです。LINEにはブロック機能があるのはご存知だと思いますが、実はブロックされた側にはそのことが通知されないのです。ですから、ブロックされたことにしばらく気がつかないということになりかねません。ブロックされたことに気がつかずにアプローチを続けるのは寂しいですし、時間のムダですよね。ここでは、ブロックされたかどうかを知る確認の方法についてご紹介していきます。
まずブロックされていることを疑ったほうがいい状況というのが、メッセージやスタンプを送ったのにいつまでたっても既読がつかない時です。呼び出し音は鳴っても通話もできなくなりますし、その友達のタイムラインが見られなくなります。
でも、それだけだと確信が持てないという人もいますよね。本当にブロックされているかどうかは、スタンプをプレゼントしてみると調べられます。お金がかかるともったいないので、無料のスタンプを送ってみましょう。無事にプレゼントできた場合はブロックはされていません。そして「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示された場合も、ブロックされていません。しかし、「この友だちにはプレゼントする事ができません。他の友だちを選択してください。」と表示されたら、ブロックされているということになります。
ブロックされるということは悲しいことですが、脈のない相手にいつまでもこだわっている必要はありません。もしもブロックされていることがわかったら、その人のことは諦めてどんどん次に進みましょう。

Copyright(c) 2010 オススメのラインID交換掲示板~wooderman~ All Rights Reserved.